理想の胸は大きいが大き過ぎないサイズ

最も女性らしい部分の1つが胸だと思いますので小さい方か大きい方かといわれると、間違いなく大きい方がよいです。胸が大きく、そしてぴったりとしたシャツなどを着てその大きさがはっきりわかる感じが好きです。理想の胸となると、賛否両論あるとはいえ、大きすぎることのない大きめサイズが好きであり、カップのサイズで言うとEカップくらいが理想になります。

男性は女性の胸に憧れを持っていますのでその理想をかなえてくれるサイズは望ましく、大きさをしっかり感じれるサイズが欲しくなるものです。Eカップでしかも胸が垂れていない、張りのある胸は美しく女性らしさが引き立つように思えます。巨乳とはいえ、巨乳過ぎない大きさで歩くと揺れる感じであり、おいしそうな胸は食べたくなってしまいます。

そして、胸のラインをいつも強調するような服装をして欲しいものです。ぴったりとしたTシャツやポロシャツなども良いですし、ビジネス系のシャツのボタンが少しきついくらいの感じのサイズのシャツはかなりグッドです。そのような格好やスタイルでデートをされたら胸に目がいかないわけはなく、触りたくなってしまうかもしれませんが、そのくらい魅力があるということなのです。

おっぱいはサイズではない

おっぱいが大きいか小さいかどちらがいいかと聞かれれば、どちらと答えることもできません。

なぜならばおっぱいは大きさが全てではなくて、その大きさに合った形というものが必要になってくるからです。

例えばがむしゃらに大きいのがいいという人もいるでしょうが、正直大きくてもそれが垂れていては個人的にはがっかりなのです。

大きい場合はしっかりと形を保っているものが理想で、形もロケット型ではなくて丸形のものが理想です。おっパイを大きくすることが全てではないのです。

おっぱいの大きさよりも乳首の色の方が重要だという人もいますので、ちくびをピンクにすることに努力を注いだ方が良い場合もあるのです。

資料文献/乳首ピンクに憧れて…黒乳首をピンク乳首にするための7つの方法

ちなみにこういった形のものは仰向けに寝たときにちょうど重力が均等にかかることで、ちょっと平らになるのがさらに理想なのです。

そして小さい場合も小さければいいというわけではなく、小さいなりのこだわりがあります。

たとえば小さいというのはほとんど男と変わらないくらいぺったんこがいいのか、ちょっとだけあるのがいいのかでも違ってきます。

小さい場合はほんとにないものは形も何もないですが、ちょっとだけの場合はちょうど寄せたときに、少しだけ谷間ができるくらいが理想です。

形は平べったいというよりはお椀型が理想です。

このようにおっぱいを多きだけで判断するのはとても低俗なことで、大きさではないトータルでの価値を見極めるようにしています。